テーマ:次元上昇

冬至を前にして

宇宙的時節である冬至を前に、 流入するエネルギーはますます増大しているらしい。 この星が次のステージへ向かう 決定的時節を通過したといわれる2012年12月21日よりも、 はるかに大きなエネルギーが今は降り注いでいるもようである。      ● 最近はあまり言われることもなくなったが、 2012/12/21は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地面と人間との関係

宇宙的エネルギーが過大とされるとき、 よく言われることがある。 「深呼吸するとともにグラウンディングしなされ」 というようなことである。 ま、一種のアースのようなものかもしれない。      ● 詳しくは自分で調べて欲しいが、 足もとの大地とつながりなさい、というようなことらしい。 気をつけないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギーの行方

昨晩は高エネルギー状態だったのか、 異様に眠く、ふだんより2時間以上早く寝てしまった。 寝過ぎて今日は腰がイテエ。      ● それもそのはずで、 今日はストロベリームーンとかいう満月なのであった。 曇天で月は見えてはおらぬ。      ● まあ世間の常識の範疇内では チャネリングも宇宙的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類解放、進展中と思われる

適当な画像が見当たらないが、 画像なくても更新したほうがマシであろうと判断して、そうする。 すったもんだしてきた歴史的会談もじきに始まるという。      ● 主流メディアは一様にこれを「半島の非核化」という キーワードで括ろうとしているようだが、 ことはもっと巨大な領域に関係していよう。      ● …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ数日のこと

ここ数日、強烈な感情的・意識的体験を味わっている。 東名の事故(事件)で知人を喪って一年でもあり、 それだけでも気分的にいろいろあるのだが、 なんだかこの世界から外にはみ出してしまったかのような <意識の横滑り>的感覚を味わい、 それがまだ継続中らしい。      ● 宇宙的エネルギーの流入も、もの凄いからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化の著しい加速

世界のポジティブな変化はいっそう加速している。 極東情勢はその典型だ。 これはブラックな勢力の衰退を端的に示す事態だろう。      ● ようやく「希望」が可視化してきている。 じきに不兌換通貨金融システムにも変化が起こりそうだ。 この星の経済奴隷システムは もうぼちぼち期限切れになりかかってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

84文字の旧世界

某SNSでは投稿記事の文字が 大きく表示されるのは84文字ぐらいまでである。      ● 84文字でどれくらいのことが書けるか、 試しに「世界の基本構造」が記述できるかどうか、 やってみた。 なお、以下は特に学問的根拠もない 半ばふざけた私見であるゆえ、 意見が合わぬ場合でも いちいち目くじらなど立てぬよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙的時節のピークへ

明日はいよいよ春分点だが、 昨日あたりからエネルギー流入がすでに高まりを みせているためか、いろいろと変則現象が起きているっぽい。 私自身は今日の午後あたりから デスクワークの途中で猛烈に眠くなったりする。 昨日うちを訪ねてくれて、 夜半に帰っていった友人は、 今日は昼前まで寝ていたそうだ。 寝ても寝足りない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切り離された時空/聴覚的な何か

更新している余裕がないうちに、 3.11から7年が経過した。 あの2011年の春は、 皆そうだろうが、本当に春が来た気がしなかった。 桜を見ても正視できないというか、 息苦しさのようなどうしようもないものが つきまとっていた。      ● あの日の頃から、 いろんなビジョンが脳裏に浮かぶようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むしろ寒冷化という見方

大雪で難儀されている地域の方々に お見舞い申し上げます。 北国や日本海側とは比べものにならないが、 太平洋側の静岡でもかなり気温が下がり、 久しぶりに平地で水溜りが凍結している。 日陰のは溶けきらないうちにまた凍るので、 20ミリ以上あるんじゃないかというような氷も今日は目にした。 こんなのは異例だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情勢は急展開か

日本語のヘッドラインに出てこないような 英語圏情報が緊迫の度合いを高めている。 中東での構造変化は 日本語メディアでも報じられているが、 その延長線上らしいところで さまざまな変化が起こってることらしい。      ● 地球外生命体に関する情報開示 (ディスクロージャー)もすでに起こり始めている という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピントの合わない情報

主流メディアには意識の焦点を制御する機能もある。 いやいや、別にサブリミナルとかそういう意味じゃなくて。 横綱の不祥事問題を盛大に扱うことで メディアの時間枠は大きく埋まる。 その分、例えば、現政権にとって不都合な情報 (森友とか、加計とか)の露出は減るわけだ。      ● 相撲の不祥事で大きく扱われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー転換中

国内メディアは相変わらずだが、 英語圏から入ってくるチャネリング情報は どんどん変化している。 ハリウッドのセクハラ的スキャンダルは、 世界の支配層に広くはびこっていると言われる、 ペドフィリア(幼児性愛)の暴露の前フリともされているようだ。 「大量逮捕」の前兆というウワザもある。      ● ディスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全開示か

11月に入ってから、 チャネリング系の情報に変化がみられる。 これまでより踏み込んだ内容になってきている。      ● 具体的には、 「完全開示があるかもしれない」 というようなニュアンスの情報である。      ● 要するにディスクロージャーが 一挙に劇的に進むのではないか、ということなんだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たわけ

国会が半ば茶番というのは 重々承知してきたものの、 ここまでのことを言うとは思わなかった。 政権党曰く、 国会での質問時間も議席の比率にせよ、だと?      ● ほとんど精神鑑定が必要としか思えんね。 これでは彼らがさかんに警戒せよと言い続けている 近隣国を笑えぬようなファシストぶりではないか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙のミラー的効果

宇宙は基本的に「ポジティブ」だそうである。 であるがゆえに、 宇宙に対して放ったエネルギーはそのまま反射される、とか。 したがって、ポジティブなエネルギーを発している時は、 その反射としてポジティブなエネルギーを受け取る。 逆の場合、 つまりネガティブなエネルギーを放射している場合は、 宇宙はそのまま送り返してくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当はおかしかった

最近になって、チャネリング系のサイトでも 自分と同じ見方が紹介されているのを見て、 溜飲の下がる思いをしているのだ。 以前はそうではなかった。 自分としては「そりゃおかしいんじゃないの」と 思うことが、世間ではしばしば常識だったのである。      ● その最たるものは、 生きるためにはあまり気の進まない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生き方を分けるもの

齢をとると人は丸くなるとか言うのは、 まあだいたい、 俗説に過ぎぬと言っていいであろう(^ ^)。 むしろ逆である。 齢をとると、むしろより本性が前に出てくる。      ● もっとその人らしくなることが多いということである。 良くも悪くも。      ● 生きるということに対する処方も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16年後のあの日

16年のあいだに状況はまったく別のものになった。 物事を報じられる通りだと妄信する人々以外に、 9.11をUS政府の説明通りに受け取る人はもはや少数派と思われる。      ● ま、調べてみればわかる。 現在なら日本語へ翻訳された資料もゴマンとある。 あれは、当初からいろいろおかしかったのだ。 航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CMEのせいなのか?

内職仕事のファイル整理のため、今朝方まで、 500あまりの書類のソートをやってて睡眠不足だってのが いちばんの理由だと思うんだけど、やたらとだるくて眠いわい。 だいたい宇宙エネルギー流入時にはそんな感じに なることが多いので、 今回のCMEの影響かもしれんと思うのだが、 「なんでもかんでもフレアのせいにする」ような物言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくわからない反応

US皆既日食以後、 指数関数的にポジティブエネルギー流入が増えているためか、 好転反応も著しく、ネガティブ事例のオンパレードである。 なお、日本時間8/22未明の人類解放瞑想は とうとうクリティカルマスに達し(14.4万人<25万人)、 ポジティブなグリッドは圧倒的に強化されたと伝えられている。      ● …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日食の瞑想

おそらくここ数年で最大のエネルギーゲートとなろう、 8/21のUS横断の皆既日食(日本時間では8/22未明)に際し、 主要チャネリングサイトで瞑想を呼びかけている。 詳しくはこちらへ↓ 指定された時間にできなくても、 前もってやるだけでも違うはずである。 http://prepareforchange-japan.blo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かが迫っている

人間界のエネルギー状態は なんだか凄いことになっているようだ。 世界構造の虚偽はもう剥がれ落ちる寸前で、 政治経済の指導者とやらは大半がトリックスターのようだ。 そしてむしろそういういかにもマクロな話よりも、 個々人のデイリーライフのほうに むしろ宇宙のエネルギーの繊細にして強靭な力が 感じられるように思えてならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和のグラス/獅子座のゲート

ちょっと必要あって、 昔少し集めた昭和のガラス器を 仕事の合間にささっと撮影してみた。 ライティングやピンが甘いのはご容赦。 詳しくはまた記事で書くと思うけど、 こういうグラスが実家などにあったら、 大切にしたほうがいいと思うよ。 高度経済成長が終わる頃に消えていったグラスでね。 とはいえ、当時はどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏から秋へ

まだまだ暑い日は続くんだろうけど、 静岡は昨日は特別涼しかった。 今日は30℃くらいにはなったみたいだが、 風がもう秋の空気感を運んでいる。 暦というのは、なるほどよくできているものかもしれない。      ● 2008年の8月8日は雑誌の取材で知床にいて、 現地の人が「今日から秋になった」と言ったことを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒冷化と地球磁場

多くの人は「地球温暖化」を事実とみているようだが、 逆に「寒冷化」「ミニ氷河期が来る」という見方もあり、 実際、1350年頃~1850年頃の長期間、 世界は今よりも寒冷な状態であったらしい。 「寒冷化」の前に一度「温暖化する」という現象を 説明している場合もある。      ● てなことを書こうと思っていたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽活動とかね

ここ一週間くらいのあいだに 太陽ではけっこうなフレアと CME(コロナ質量放出)があったらしい。 ただし問題の部分は地球の方向を向いておらず、 地球から見て裏側の方向に放出があったので、 影響は起きていないとか。      ● 太陽の自転周期は確か27日だったと思うが、 しばらくすると、問題の黒点部分が周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意識の変容

なんかどうもね、 いよいよ次元上昇が近いかも、というか(^ ^)、 意識の位相がなんだか今までと違ってきたような気がする。      ● どうも3次元の現実を、 その外側から見ているような気分なのだ。 昼間してきたことを振り返っていると、 自分を外から見ているような感覚になる。 なんだろうね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役に立たぬもの

今日見ていたサイトのどこかで 「文学が役に立つのか」という問いを目にした。 スルーして中味は見なかったのであったが、 この種の問いはけっこうある。      ● こういう問いが生まれるのは、 そもそも、人生において役立つものはこういうものだ、 というような見方があるからであろう。 その多くは現実主義者の得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野外の波動

自然に近い環境は波動が高いようで、 そこにいるだけで癒される。      ● 私にとっては、 ランドナーも、アウトドア道具も、小型キャンピングカーも、 要するに、自然に近い環境の中で できるだけ長くそこにいるがためのものなのであった。      ● ナマステ。ピース。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more