自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS フォトエッセイ『大平街道を自転車で行く』

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

飯田観光協会のサイト『南信州ナビ』に、
フォトエッセイ『大平街道を行く』を寄稿させてもらっております。URLは下記です。
http://www.ii-s.org/tokusyuu/odaira0.html

ベテランツーリストには、あまりにも有名な峠越えルート、「大平街道」。
標高1300m以上に達する、上級者向けルートですが、
これからの11月初旬くらいまでが、紅葉もあって非常に楽しめるシーズン。
詳しいことは上記URLでお読みいただくとして、
ぜひ泊りがけでプランしたいところです。実際泊りじゃないと難しいし。

おすすめは、飯田で前泊するプラン。輪行の場合、飯田線特急は本数が少ないので、
往路に使った方が便利です。逆に帰りは中央線を使った方がいい。
一昨日、10/2の記事でご紹介した、南信州ナビの記事、『丘の上を自転車で遊ぶ』のように、
前日は飯田市街をゆっくり見るという手もありです。
なお、11月に入って冷え込むと、冬季道路閉鎖される以前でも、
ところどころ凍結するようなことがあるようなので、充分に無理のないご計画を。
シクロツーリストにとって、これほどまでに素晴らしい峠道は本当に少ないと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
飯田の記事は毎回楽しく拝見しております。今回の大平街道のエッセイを拝見し、特に晩秋の街道の澄みきった空気感、溢れる光の中での静寂感に惹かれました。一度は訪れてみたいという思いに駆られました。
よっしゃん
2007/10/05 01:02
よっしゃんさん、ご愛読ありがとうございます。
フォトエッセイに書かせていただきましたように、
大平街道は何回か走っておりますけれど、
本当に語り尽くせぬような魅力を持った峠道だと思います。
車も少なく、数分に一台程度の感じです。
木曾側は、蘭(あららぎ)の前後など、
ぜひ旧道側を通られることをおすすめします。
国道256号部分は交通量もありますのでね。
飯田の市街地は静かですから、前泊するのもいいですよ。
白鳥和也
2007/10/05 20:56
じ〜んとしてしまいました。心の琴線に触れると言うんでしょうか。
ぜひ印刷物(書籍)で拝見しとうございます。気楽に言って申し訳ないですが、出版できませんでしょうか?
たぬきさん
2007/10/14 18:16
フォトエッセイ『大平街道を自転車で行く』 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる