工作しています

画像

必要に迫られて工作するときもある。

画像は、0.5mm厚のプラバンから、
サークルカッターと普通のカッターを使って、
プラスチックワッシャーを切り出したところ。

いやいや、自転車の部品じゃないんだよ。

     ●

ま、でも、自転車の部品でも似たようなのを作ったことがあるな。

マッドガード取り付けに使う革ワッシャーだね。

もちろんこのときはサークルカッターは使わなかった。

バッグのハンドル固定用の古い革ベルトを
使って作ったはずである。

革ベルトの再利用法としては、
ローレットを刻んだ、本来手で締めるはずのボルトが
やたら強く締めてあったので、
それを緩めるためにやや特殊なプライヤーで掴んで緩めるときに、
ローレットに傷がつかないよう、
そこに革ベルトを巻いて挟み込んだことがある。

そういうわけなので、ちぎれかけた古い革ベルトなども
なかなか捨てられないんだよね(^ ^)。

     ●

やったことはたいしたことじゃなくても、
自分で回答を見つけてできたことは愉しい。

そういうのが「面倒くさいがそれゆえに面白い道楽」の
典型的魅力である。

そもそも、「自転車で旅すること」自体が
そういうことなんだけどね。

     ●

ナマステ。ピース。