乗り物の愉しみ

画像

人は変化する存在なので、
道楽の志向の一部も変化するのだ。

私の場合、自転車に関する志向は
ティーンエイジャーの頃から大きく変わってないが、
コテコテのオールドパーツで固めたランドナー、
という図式にはあまりこだわりがない。

かといってもちろん、
最新パーツじゃなきゃやだ、
ということもない。

パーツで強い関心があるのは
もはやGOKISOぐらいのものだ。

     ●

四輪車のほうも、旅車やトランポとしての空間利用の
ほうが重要になってきて、
低重心で居住性を犠牲にして
運動性を最優先した、みたいな車には
強い興味が持てなくなってしまった。

その設定がある車ならMTを選ぶとか、
ターボよりも圧縮比の高いNAのほうがいい、
とかいうこだわりもあるけど、
別にそのクラスの最強馬力でなくてもいい。

皆振り返るようなスーパーカーやヒストリックカーももういいや。

そういうのが似合うような名士じゃないしね。

四輪車そのものが好きだというより、
それで行けるところが好きなわけだし。

     ●

そういうわけでだんだん枯れてくると、
すでに記事にも書かせてもらったように、
ケッパコやケットラに面白味を見出したりする。

     ●

あるいは、木質系で手作りできそうな
ボートとかテンダーとかね。

自転車のようなもの、でいいから、
木製で自作できないか、とも思ったりする。

     ●

人間の身体だって、
魂と霊の乗り物と言える。

     ●

ナマステ。ピース。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス