木枯らしの夕刻 Autumn Leaves and Barrel Rolls

夕方の路上で、
木枯らしに落葉が舞っていた。

アスファルトの上を、
茶褐色の影が、風のかたちで動く。

一瞬の生成、一瞬の渦。

あらゆる航空機を凌ぐほどの高機動。

数十のバレルロール。

音楽的、流体的ダンス。

街の中のありふれた晩秋の情景にさえ、
どこか劇的で神秘的な振る舞いが垣間見える。

現実というのも、なかなかに面白い。


I saw the flying autumn leaves
on the road in twilight.

There goes brown shadows describing
the shape of winds avove the asphalt.

The moment of creation,
the moment of vortex.

Splendid mobility superior than any airplanes.

A hundred of barrel rolls.

Dancing like music, like fluid mechanics.

You can discover dramatic and mysterious events,
even in daily street scenes.

The real world is enough to look at.