自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚愕の激坂

<<   作成日時 : 2007/10/09 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

自分で撮影した画像ながら、信じがたい光景です。
自動車も通行できるはずの道で、これほどの坂に行き当たったことがありません。
背景の木をごらんになれば、カメラを傾けてはいないのがおわかりでしょう。
もちろん普通は直登は不可能でして、相棒のR氏も押しております。
特に画面の奥側正面部分が傾斜が急だとはいえ、前後も相当なもの。
ジグザグに上っても、下手したらこけて下まですべり落ちそうです。
いったいこんな坂があっていいのでしょうか(^ ^)。

われわれのルート取りでは、上り坂だったから、押せば良かったんだけど、
下りでいきなりこういう坂が現れたらえらいことです。
小径車でなくても、前転しますね。
自動車だって、ボンネットの下に何も見えないんではなかろうか。
すごい道があるものです。誤解のないよう申し上げますが、飯田市ではありませぬ。

R氏によると、分度器をあててみたら
22度くらいだったよ、とのことでした。そんな・・・。
真冬になったらどういうことになるんでしょうかねえ。皆様、激坂にご注意を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
凍結時、間違っても通りたくないです。犬や猫でも転がっていくんじゃないですか?それにしてもスリップ防止用に細い溝すら切ってないとは何と恐ろしい道路だろう。
たぬきさん
2007/10/14 18:37
冬に付けられたものだと思いますが、
路面にはチェーンのあとがありました(^ ^)。
この道路を登ったのか???
白鳥和也
2007/10/14 23:50
恐るべきチャレンジ精神!
たぬきさん
2007/10/23 17:49
ジムニーでもなかなか大変かも(^ ^)。
白鳥和也
2007/10/23 21:53
チョロQ状態で上っていったら抱腹絶倒ですな。
たぬきさん
2007/10/24 17:50
『ベルヴィル・ランデブー』に出てきた
カーチェイスシーンみたいでもありますな。
パワーがありすぎると後転しそうです。
白鳥和也
2007/10/24 20:43
驚愕の激坂 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる