自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑再び

<<   作成日時 : 2017/08/24 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

やれやれ、今日も暑かったが、
明日も今日に輪をかけて暑いそうだ。

その一方で、全体に日照が足らず、
野菜は高騰しているし、
稲作関係も心配事が多いらしい。

長い眼ではやはり寒冷化なのか。

     ●

まあ本気とはいいがたいが、
しかしまるっきりその気もないということではなく、
ちょっと前まで
「涼しい高原周辺とかに引っ越そうかなあ」なんて
考えていたこともある。

しかし寒冷化するとなると、
それもなかなか厳しい選択になる。

2014年冬の山梨県の大雪はまだ記憶に新しい。

     ●

ま、なるようになるだろう。

     ●

US皆既日食も終わり、
世の中は一見するとなんてことないようではあるが、
どうもやはり深層は変化しているように感じる。

この星のネガティブなバリアに穴が開いたような気がする。

     ●

年齢的にも50代後半になっているせいか、
世の中の洗脳政策が無効になりつつあるせいか、
テレビや学校や行政が言っているようなことのほとんどは
嘘か、おためごかしか、体裁の取り繕いのようにしか
思えなくなってきた。

人を頷かせようとしていろんな情報を
送ってくるが、よくよく聞くと意味がなく、根拠もない。

だいたい、人生というようなものは、
人生の内部の視点からは、ほとんど役には立たないのだ。

世の中の一般常識は、
死後の意識生活などほとんど認めていないのに、
死ぬまで努力しろというようなことを仄めかす。

死んで終わりだとするなら、
何をやっても所詮そこまでではないか。

そういう根本のところから馬鹿げている。

     ●

ビジネスというものに対しても、
すまないが、私は面白いと思ったことはない。

ビジネスの目的はカネの収集だが、
そのカネがどういうシステムによって成り立っているかを
ほとんど考慮せず、
ただひたすらそれをかき集めることに執心する。

それは生き残るためだが、
億万長者になっても永遠に生きられるわけではない。

どこか、ひどく間が抜けているのである。

     ●

キャンプしたり、自転車に乗っていたりするほうが、
よほどまともである。

だから、熱心なビジネスマンに、
長期キャンプや長期自転車旅をやりたいと
思うような人はほとんどいない。

     ●

このまでの3次元の世の中というものは、
虚勢や人を騙すシステムや、
暴力から成っていた。

そういうものが好きでしょうがない人は、
これからもそちらに貼り付いて生きていくのだろうが、
そうじゃない人には別の選択肢ができる。

そして、次元を棲み分けてゆくことになろう。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
猛暑再び 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる