自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 七夕に思ふ

<<   作成日時 : 2017/07/07 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

七夕の彦星と織姫は
ヴェガとアルタイルというわけなんだが。

星座というのは、
今日の3次元的科学とやらからすると、
単に銀河系宇宙のやや辺境的な場所にある
地球という惑星から見た、
比較的近隣の恒星群の、地球からの距離を無視した
見かけ上の近隣関係を比喩的に象徴化したもの、
という風に一般には理解されている。

もちろん占星学的には異なるだろう。

チャネリング的にもおそらく異なる。

星座は黄道と関係して、
それぞれのエネルギーを持っていると考えられるからだ。

     ●

エジプト=カルデア文明の頃に
星座というものは考案されたと見られているが、
チャネリング的には現行文明の歴史は13000年以上あるので、
おそらく起源はもっと古かろう。

だいたい、古代の人は夜空を見上げただけで
そこに霊的存在が見えたと言われている。

意識の射程が今と異なるということだ。

     ●

洋上では凄い星空が見られるそうな。

見たことないなあ。

80年代の西伊豆では相当に星空がクリアだったけどね。
冬の朝霧高原とかも。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
七夕に思ふ 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる