自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 大変化の予兆

<<   作成日時 : 2017/06/26 12:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

英語圏から興味深い情報が流れてきた。
ここしばらくのあいだでは
かなりポジティブな情報と言っていいだろう。

     ●

催眠療法に類することでヒーリングを行っているところで、
複数以上のクライアントが催眠状態で
「大変化が差し迫っている」と言ったという。

これはポジティブな変化で、
世界の政治経済システムが1年程度の間に
大きく変化すると<予言>したとされる。

通常、こういった催眠療法下で
現れる語り手は、通常の心理学で言う「上位自我」、
次元上昇的タームとしては、
「ハイアーセルフ」ということなのであろう。

いずれにしても、そちらのほうの意識は
多次元的に存在しているから、
時間のない、つまりすべて同時に見えるような
世界からの情報ということになる。

     ●

人々の無意識下から沸きあがってくる情報で
現実世界に起こることを推定した事例はけっこうあるはずで、
C.G.ユングがWWU前に患者からの情報収集で
ドイツに起こる悲劇を予見していたことも知られている。

今回は総体的にはポジティブな情報なので、
その点は異なるが、まあしかし大変化であれば
やはり一定の混乱は起こるであろう。

ただし、準備のあるなしでは違うと思われる。

     ●

USを筆頭に、わが国でも特にリーマンショック以降、
著しく中間層が没落した。

没落させられたのである。

     ●

そういう苦境がじきに終わる、というゴールラインが
おぼろげながら見えてきたというところだろう。

それをはっきりとイメージすればするほど、
世界の大変化は円滑に行われよう。

われわれの思念のエネルギーがポジティブに使われれば、
世界はすぐにポジティブなエネルギーで満ちるようになる。

そうさせないために、
ネガティブな存在は現実と情報をコントロールしてきたのだが、
それはまもなく終わるとみられている。

この世界苦をいつまでも受容する必要はない。

平和的に「ノー」と言えば、それでいいのだ。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
大変化の予兆 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる