自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 野営の光(2)

<<   作成日時 : 2017/06/18 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今回の野営の画像はすべて、
ZEISS の Vario Sonnar 3.5-4.5/28-70 with EOS 5D で撮影している。

絞りは開放〜5.6(開放3.5の場合)で、
もちろんマニュアルフォーカスだが、
電子接点付CY-EOSマウントを使用しているので、
フォーカスエイドが効いているのだ。

フルサイズ撮像素子で
ごらんのように被写界深度が浅いのにもかかわらず、
思っていたよりもずっとピント合わせは楽だった。

プリズムにコストがかかっていて、
ファインダーが見やすいというのもあるな。

     ●

APS-Cの一般的なデジイチ撮像素子サイズで、
18-55あたりの標準ズームを使ったのと
まるで違う画像が撮影できる。

やはり撮像面積が大きいことは偉大なのであった。

これは銀塩時代に
120フィルムを使用したときの驚きに近い。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
野営の光(2) 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる