自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS アダプター装着してみた

<<   作成日時 : 2017/04/29 21:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

かなり前から気になっていた
CY-EOSマウントアダプターを買って、
装着してみたのであった。

ボディは友人から頂戴したEOS D60。
60Dじゃなくて、10数年前のモデルだね。
APS-Cサイズの撮像素子なんだけど、
当時はまだ発売されていなかったEF-Sレンズが付かない。

ということで、ZEISSのMFレンズを使うには
打ってつけなのだ。

     ●

レンズは Tessar 45mm F2.8 MM。
最初に買ったZEISSで、
もう20年くらい経ってるかな。

久しぶりに防湿庫から外に出たわけだ(^ ^)。

防湿庫の中ではレンズキャップとレンズバックキャップ
を付けてあるが、どちらも孔をいくつか開けて、
多少は空気が動くようにしてある。

     ●

CY-EOSアダプターを Tessar に使う場合、
EOS 5などのフルサイズ機ではミラーに干渉するような事態が
発生するらしいが、EF-Sレンズ装着可能機種では大丈夫
みたいなことがネット上で書かれている。

D60はAPS-Cサイズなんだけど、
EF-S装着可能機種に比べてどうもミラーがもう少し前に
あるように見え、やや不安だったので、
検索してみたら、D60で Tessar を使っている方がおられたので、
まあそれなら大丈夫だろうと装着してみた。

ま、やる人は必ず自己責任でお願いする。

     ●

ほかにもデジタルでの画質が楽しみなZEISSレンズは
何本かあるのだけれど、
やっぱり最初の1本は Tessar になってしまった(^ ^)。

D60の厚めのボディにパンケーキレンズというのを
見てみたいじゃないですか(^ ^)。

銀塩時代のCONTAX AX との組み合わせにはかなわないけど(^ ^)。

     ●

マウントアダプターは廉価で評判の良さそうなものを選んだ。

最初にレンズに装着してから、
レンズごとボディに装着してみる。

装着してみるとクローム?部分の外周が
かなりギラギラした状態で目立つが、
まあしゃあない。

     ●

電子接点付なので、
F5.6より明るければフォーカスエイドも使えるようだが、
合焦サインは一瞬点灯するだけ。

まあそれでも役には立つ。

AEはPモードで使えた。
AVモードだと露出が合わなかった。

開放でピントを合わせてから絞り込んで
シャッターを切ればいいのだろうけど、
面倒くさいのでF5.6で絞り固定で何枚か撮ってみた。

     ●

実際に撮影した画像はまたの機会にアップしたい。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
アダプター装着してみた 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる