自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転劇場

<<   作成日時 : 2017/04/15 12:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まもなく起こるであろうパラダイム変化によって、
この世界の様相は一変する。

湖の水は、季節のある時点で、
急激に表層の水が冷却化された場合、底に沈み、
逆に表層よりも温度の高い部分が浮かび上がってくる。

これを turn over というらしい。

似たようなことが今後数年間に世界事象として起こるであろう。

     ●

現状の世界は逆転しており、それが正されるようになる。

     ●

▼核エネルギー発電は、総発電量から、発電終了後の燃料の
きわめて長期間にわたる冷却に必要な電力を差し引いた場合、
ほとんどメリットがなく、むしろマイナスになる可能性が高いと言われる。

▼ミツバチ激減の原因はある種の農薬が原因と言われており、
ミツバチの受粉活動の著しい低減は、農業に甚大な影響を及ぼす。

▼遺伝子組換え食品の真の意図は人口削減と言われる。

▼ワクチンと呼ばれるものの危険性については多くが指摘されている。
ミトコンドリアに情報管理機能を持たせることができることは
ずいぶん前に報道された記憶がある。

▼不兌換通貨というものは、本来ただの紙きれに過ぎないものに
架空の価値を与え、そのために人を一生働かせることのできる道具である。
このシステムが世界に広範に普及しているために、
人間の一生はきわめて限定される。

▼老化をコントロールできるDNAが発見されたと報道しているが、
もし過去に人間のDNAを操作できる文明があった場合(その可能性は高い)、
そもそも、100年足らずの平均的人間寿命が、人工的に調整されたもので
ある可能性も生じる。

▼宗教の多くは、多次元的世界への意識の拡大を目指すのではなく、
3次元世界での現実的成功や安定を求めるユーザーと、
そのニーズに合わせた改変を行うプロバイダーによって運用されている。

▼「10万人を1人が代表する」民主主義とやらのどこが民主的なのかを
人は一度考える必要がある。

▼学校で教えていることが「真実」であれば、学校はもっと面白いであろう。
教壇に立つ人の多くは善意なのだろうが、学校は社会ではなく、
社会では「学校の成績」など、ほとんどなんの役にも立たない。

▼プロ野球選手が野球賭博をやったりすると激しく糾弾されるが、
それなら、「公営ギャンブル」である競馬競輪競艇はなんなのか。
「カジノ法案」はなんなのか。小学生でもおかしいと思うだろう。

▼漠然とETについて考えている人のイメージは、概ね、
「人間よりはるかに文明の進んだ存在が地球に来たら
われわれは支配され奴隷化されてしまうので怖い」であろう。

▼それもわかるが、それはあまりに暢気過ぎる見方である。
そうする気なら、とっくにそうしているであろう。

▼すでに大昔からそうなっていて、
だから人間のほとんどは、経済奴隷制度の中を生きており、
100万人ぐらいと言われる超富裕層が世界の富の90%以上を
ガメていると言われる。

▼要するに「今も昔も、地球は悪意のETとその影響を受けた者に
よって支配されている」ということだ。

▼そう仮定すると、戦争や核エネルギーや有害な農薬等も
簡単に説明がつく。人間はなかなか人間にあそこまでのことはできない。

▼1945年の核の使用以後、善意のETが多く飛来し、
なんとか人々を覚醒させようとしていると言われる。
スピルバーグ監督は、いくつかの映画でそれまでのETイメージ
を書き換えて見せた。

▼そのように善意のETが描かれると、ハリウッドはすぐに
悪意のETの映画を作って、再び人々に恐怖心を植え付けようとする。

▼この星は富と繁栄ではなく、恐怖と格差によって支配されてきた。
人々の寿命までもコントロールして、
人々が恐怖で縮こまった人生をただ生き延びるためにのみ
生きるように仕向けている。

▼なぜそうまでしてわれわれを3次元的意識、
互いに「俺様のほうが上」と争うように生きることをそそのかし、
絶え間ないスポーツ報道によって「勝つことがすべて」という
人生観を子どもの頃から植え付けさせ、
テロや病気や事故といった恐怖を徹底的に刷り込むのか。

▲それは、この星をこれまで長きにわたって支配してきた存在たちが、
われわれが覚醒し、本来持っている能力を発揮させることが
たまらなく怖ろしいからである。

▲そうなったら、彼らは支配権のすべてを失い、
宇宙的な法廷に立たされて悪行のすべてが裁かれる。

▲その際、生死は関係ない。
4次元以上の時空では死は存在せず、存在は永遠だからである。

▲多くの人にとって、現在は混乱の極みであろう。
だが、それは遠くない将来にまったく違う様相を見せるようになる。
現在の歪んだ世界像を提供しているネットワークはやがて終わる。

▲その日は遠くない。

     ●

ナマステ。ピース。アドナイ。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
逆転劇場 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる