自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の兆候/2015年3月12日の記事の再掲

<<   作成日時 : 2017/03/12 12:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

過去記事の再掲(一部削除)だが、
現在でも基本的に変わってないことがほとんどなので、
あらためて掲載した。

     ●

私は人間というものを50数年やっているが、
多くの人が一生のほとんどを経済的牢獄状態で過ごし、
思考においても二極性というマトリックスの中にはめ込まれ、
そこで競い合い、争い合うように条件づけられていて、
しかもそれが人間の本性であるかのように
思い込んでいることが不思議でたまらなかった。

A・トフラーが『第三の波』で書いているように、
学校という教育制度は、
大意においては、近代という産業社会に順応しやすい
人間を育てることに主眼があった。

もちろん、教育の現場で人間的に素晴らしい人びとが
たくさん献身的に活躍していることは事実である。

ただ、近代の教育というシステム全体には
人間の教育よりも調教といった面があったことは
いずれ明らかになってゆくだろう。

     ●

不兌換通貨のような「架空の価値」を得るために、
ほとんどの人間は、一生の時間の何分の一、
睡眠している時間を除けば、
週日には覚醒している時間の半分かそれ以上を
あまり望んでいない事業に費やさなければならない。

要するに「働く」ということである。

なぜ働かなければならないのかといえば、生き残るためである。

裸ではなく服を着て、飢えないだけのメシを食い、
悪天候や外敵から身を守る住居に起居する。

それが文明的な生活とされる。

生きるためには住まいはどうしても必要である。

     ●

ところが、その住まいを自分のものとしようとしたら、
多くの場合、返済に一生かかるような負債を
負わねばならぬ。

カネというのは、一種の牢獄でもある。

そしてようやくそこから出ることができたとき、
一生の大半はすでに費やされている。

そういうことをしなくても済む人種は
非常に限られた才能をもって、
裕福に暮らせる人びとだけだ、と思い込まされている。

ウソである。

     ●

ビーバーは家を建てるためにローンは組まない。

イルカやクジラは、食事のためにカネを使う必要がない。

シロクマはその毛皮のために造物主から
請求書を送りつけられたであろうか。
んなことがあるわきゃない。

     ●

万物の霊長と言われてきた人間存在は、
そうやって考えてみると、
部分的には動物よりも難儀な生活をしている。

なんかおかしいんじゃないか、と感じるのがまっとうだと思うが、
仕方ないんだよ、と考えている人が大半だろう。
私もかつてはそう思いこむほかない時期があった。

しかしま、今考えると、
中学生の頃に
「なんでこんな辛い生活を皆受けれているのだろう」と
思っていたのは、正しかったのだ。

     ●

「あなたがたは1万3000年の長きにわたり、
この星を支配してきた勢力によって、
支配構造側に都合の良い状態にずっと置かれているように、
すべてをコントロールされてきたのです」

そう教えてくれたのは、
グレイとは違う別タイプの宇宙人の言説なのであるが、
ああ、やっぱりそうだったのか、と腑に落ちたのは
2012年になってからである。

多くの人は高次元からのメッセージ、
昔なら神託、霊験、お告げ等々と呼ばれ、
現代ではチャネリング情報やスピリチュアルメッセージと
言われているようなものは、胡散くさく捉えている。

ま、それは人それぞれであるから、
その正当性や veridity をここで論証しようなどとは思わないけれども、
たいがいの場合、
それは、政府が言っているようなことよりも
はるかに論理的で筋が通り、文学的かつ宗教的でもある。

そういう存在は、グレイのような3次元的身体を持つ宇宙人、ではなく、
宗教書や神学書に出てくるような、
天使、大天使、菩薩、如来、応身、といった存在として捉えると
もっとずっと理解しやすいのである。

チャネリング的世界観による宇宙は、
冷たい数学的論理と現実によって支配されている非情な実験室ではなく、
神の恩寵と天使や菩薩の献身によって成り立っている愛の国である。

しかしそれならなぜ、この地上にここまでの悲惨があるのか。

     ●

それは宇宙の中のネガティブエネルギーである
darkness 闇 とその一派が、一定期間この星を統治してきたからである、
と、彼らは説明する。

3次元という高密度は、
より高次の存在からすると、非常に低い次元である。

そういう場所では darkness が支配的であったために、
その世界の様相は陰惨を極めた。

しかしそれは永遠には続かず、
その中にいる存在が覚醒したとき、
そのマトリックスが崩れ、
神そのものであるポジティブなエネルギー、light 光が侵入してくる。

手近にある人は、
新約聖書のヨハネ福音書冒頭を見るがよい。

     ●

2012年12月21日は、バクトゥンと呼ばれるマヤ暦の
ある年代が交替する巨大な一日だった。

見かけ上そこでは何も起こっていないかもしれないが、
しかしその日から、世界は変わり始めたのだ。

ほとんど同じ頃に、一般商事法典にもとづいて、
「不兌換通貨を基盤とした金融システム、国家システム等々は、
すべて人間に対する看過できない犯罪的行為である」というような
主旨の裁判が某所で行われ、原告が勝利した。

原告とは誰か?

広義にはわれわれであろう。

     ●

もちろんその裁判所は警察力のような強制権を
持っていないから、
被告を捕らえて牢獄に入れることはできていない。

しかしいつまでもそうとは限らない。

     ●

報道や現実の表層ではなく深層を見てください。

自分の目で、自分で情報を探して。

自分で考えてみてください。

     ●

なぜ、ある貴金属の相場が下がると
株価が上がるのですか?

この時期に、欧米世界の代表者が
相次いで来日したのはなぜですか?

なぜ、USの情報は最近少ないのですか?

なぜ、旧西側諸国のニュース報道では
BRICSは常に悪者として描かれるのですか?

なぜ、緊縮財政を行って銀行を救うより、
デフォルトとしてユーロから離脱することを選んだ
アイスランドのことがほとんど報道されないのですか?

それでもアイスランドの国民生活が
破綻していないのはなぜですか?

なぜ、UFOのような現象を大真面目に
扱おうとする人間は社会の笑いものになるのですか?

なぜ、主として欧米由来の危険な食品が
大量に世の中に出回っているのですか?

なぜ、遺伝子組み換え食品・作物と軍用化学兵器を
作っている企業が同一なのですか?

なぜ、金融世界にはときどき恐慌が起こるのですか?

なぜ、銀行の金庫にはわずかな現金しかないのですか?

なぜ、一般的に自営業は会社員よりも社会保険料の負担が
大きくなりがちになるのですか?

なぜ、原理的には100年以上前の
エネルギーシステムがいまだに主流なのですか?

永久磁石を高密度に多数並べただけで
人の乗った板を半永久的に浮遊させることが簡単にできるのに、
なぜ、磁力を使ったエネルギー装置ができないのですか?

なぜ、化石燃料やN燃料を使わなければならないのですか?

なぜ、水や塩水でエネルギーを発生させる燃料電池や
発電システムのことがあまり報道されないのですか?

なぜ、実質的にはそれ自体に貴金属的な価値は
ないはずの通貨を得るために、人は働かなければならないのですか?

なぜ、メディアは隣国や近隣国に対して
マイナス感情を持ちたくなるようなことを
特にウエブサイトを中心にピックアップするのですか?

なぜ、書類一枚で人を戦争に連れ出し、殺戮行為を行わせ、
またその本人も殺害されるような状況を作り出した者や機構が
処罰されないのですか?

なぜ、戦争がビジネスモデルになるのですか?

なぜ、9.11は内部犯行であるとイタリアの議員がイタリア国会で
述べて拍手を受けているのですか?

なぜ、人びとが飲料の水は別に買い求めたりするほど、
水道水が危険といわれているのですか?

世界の総資産を世界総人口に均等に分配すると、
一人あたり少なくとも数億円あるいは10数億円に達すると言われるのに、
なぜ、われわれの生活がこれほど経済的に苦しいのですか?

なぜ、調律はA=440Hz(もしくはそれ以上)が主流で、
一部のアーチストがA=432Hzを採用しているのですか?

なぜ、少なからざる人が UFO を目撃しているのですか?

なぜ、世界の遺跡はしばしば破壊行為に合うのですか?

なぜ、経験したことのない時空が懐かしいのですか?

なぜ、デジャヴのような感覚を人は持つのですか?

なぜ、あなたはそこにいるのですか?

なぜ、あなたはこれを最後まで読んだのですか?

     ●

ナマステ。ピース。



下記URLは、「ユナイテッドピープル基金 
東日本大震災 クリック募金」のサイトです。
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
春の兆候/2015年3月12日の記事の再掲 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる