自転車文学研究室 CyclotourismeJP

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本ベストサイクリングコース10』

<<   作成日時 : 2009/04/23 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

「やまみちアドベンチャー」や、多数の著作で知られる
丹羽隆志さんの新刊です。
『丹羽隆志の日本ベストサイクリングコース10 vol.1』というのが
正確な書名です。出版社は東京地図出版社。
本文約150p、オールカラー、定価1700円+税。

丹羽さんは、それこそ私が最初の本(静岡県サイクルツーリングガイド)を
出す前から世話になっている方で、
自転車ツーリングの分野でわが国を代表する第一人者だ。

自転車でのツーリングを、ガイドシステムによってきちんと商品化し、
ハードからソフトまでノウハウを体系立てて整理し、
大人のニーズに応えうるものにしたのは、
わが国では丹羽さんが初めてではないかと思う。
豊かな海外経験がバックボーンにあるからでしょうけれど、
誠実で飾らず、しかも頼れるリーダーシップを持っている方です。

そういう丹羽さんが書いたガイドブックだから、悪かろうはずもないけれど、
やはり、というか期待以上の内容がつまっている。
地図はもちろんオールカラーで、写真も豊富。
コースの数が少ない分、ひとつひとつの紹介もていねいだ。
地図に書き込まれた情報を読むと、取材の苦労も伝わってくる感じです。

特筆すべきは、英語解説が併記されていること。
地図の情報の一部にも英語表記がある。
プロフィールマップや、地図のわかりにくい部分の拡大表記なども
充分な気遣いの上に作りこまれているようです。
サイクリングのガイドブックもずいぶん進化してきたけれど、
この本は、間違いなく、新しい時代のクオリティの基準となるだろう。
彼が凄いのは、プロフェッショナルなガイドとしての現場があるからでしょうね。

出版社名からも類推されるように、
むしろこのガイドブックは、新しい地図の形態の萌芽かもしれない。
サイクルツーリングに特化し、特定のコースに特化したハンディなブックマップ。
自転車というハードが進化するだけでなく、ソフト=遊び方も変化している。
そういうことも感じさせてくれる本だと思います。
今回、vol.1というナンバリングが付いているから、次もきっと出るはず。
英語圏の読者にもこの本が多く読まれることを願ってやみません。




丹羽隆志の日本ベストサイクリングコース10〈vol.1〉
東京地図出版
丹羽 隆志

ユーザレビュー:
CYLCING JA ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなかどうして、自転車関係で白鳥さんほど心の琴線に触れた方は他には居ません。心底感謝いたします。
たぬきさん
2009/05/13 17:37
もったいないお言葉をありがとうございます。
こちらこそ深く感謝申し上げます。
しかし自転車のガイドブックというのも、
どんどん進化していますね。
丹羽さんの次回作が愉しみです。
白鳥和也
2009/05/13 21:40
白鳥さんの新刊も、楽しみですよ。
たぬきさん
2009/05/21 18:39
ありがとうございまする。
もうじき概要をお伝えできるように
なるのではないかと。
いましばらく、お待ちくださいませ。
鋭意作業中でございます(^^)。
白鳥和也
2009/05/22 10:15
自転車読み物としても面白そうですね 見てみます
アルキメデス
2009/08/07 13:27
英語表記があるところも凄いですね。
白鳥和也
2009/08/07 19:35
『日本ベストサイクリングコース10』 自転車文学研究室 CyclotourismeJP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる